空いているスペースで自動販売機を設置する

自販機

空きスペースの活用法

空きスペースでビジネスを始めたいときには、飲料メーカーから資料を取り寄せて、最適な自販機設置プランを見つけるのが理想的です。各業者の条件を比べて最適な契約プランを選んだあとは、売れ筋の商品を投入することで、高収入が得られるでしょう。

工夫で広がる活用方法

缶

営利と福利厚生

街頭や施設内などあらゆる場所に設置されている自動販売機は、いつでも好きなときに購入でき、私たちの生活を豊かにしてくれます。スペースがあれば比較的自由に設置できるため、自動販売機を新たに導入する企業は少なくありません。営利目的だけでなく福利厚生強化の一環として設置されるケースも多く、自動販売機の活用方法は工夫次第です。営利目的で導入する場合、店頭または自社の所有地に設置することとなります。例えば、飲食店出入口に設置して飲料が購入された場合、自動販売機の利用をきっかけに、お店の存在に気が付くこともあるでしょう。近年においては一部に広告を貼ったりラッピング広告にしたりの工夫が見られ、活用方法の幅は広がりを見せているのです。足を止めることで広告を見てもらうチャンスが高くなるため、自販機の周囲に座れる場所を設けるのも良いでしょう。福利厚生の強化を目的とする場合、オフィスや施設の休憩室に設置すると効果的です。同じ場所に集まることでコミュニケーションが生まれ、自然と業務に生かされるシーンは多々あります。自動販売機は分割購入できますが、缶補充タイプのリースは月額1万円前後、プランよってはそれ以下の費用も可能です。電気代は月に5千円以下で収まることが多いため、営利と福利厚生のどちらでも安心して導入できます。営利目的で設置する場合、季節感をイメージさせる販促ツールとしての活用も良いでしょう。商品の入れ替えや値段の見直しをこまめに実施し、飽きさせない工夫が必要です。福利厚生の場合は汚れ具合に目が向くようになり、自発的清掃の習慣化が期待できます。

自動販売機

極狭の土地も有効活用

土地はできるだけ有効に活用していきたいですが、極狭の土地や変形した土地となると利用方法は難しくなります。そうした場合は省スペースで設置ができ、無人で利益が狙える自動販売機の導入も検討してみてはいかがでしょうか。

コーヒー

本格コーヒーを手軽に提供

眠気覚まし等の効果が得られるコーヒーはオフィスに欠かせない飲み物ですが、本格コーヒーを作るには手間がかかっていました。1杯当たりのコストが缶コーヒーより安いオフィスコーヒーをレンタルで利用する企業が増加中です。本格コーヒーが手軽に楽しめるオフィスコーヒーは、従業員用だけでなく来客用としても最適です。